三菱電機レディス2020

10.30(FRI) 31(SAT) 11.1(SUN) 武蔵丘ゴルフコース 埼玉県飯能市中山665
テレビ放送
テレビ朝日系列全国24局ネット 11月1日(日)15:55〜17:20(予定) BS朝日 10月31日(土)17:00〜18:00(予定)
全日LIVE放送! テレ朝CSチャンネル2 10月30日(金) 13:00〜15:00(予定) LIVE 10月31日(土)   7:30〜10:40(予定) LIVE 11月1日(日)   8:00〜11:00(予定) LIVE

ご挨拶 Greetings

無観客での大会開催の決定

樋口久子 三菱電機レディス2020は
無観客で開催することといたしました。

詳細はこちら
樋口久子

樋口久子 三菱電機レディス2020

樋口久子

まず、はじめに、本大会の開催にあたりまして、このような状況下において、主催の株式会社ADKマーケティング・ソリューションズをはじめ、特別協賛の三菱電機株式会社のご支援のもと開催して頂けますことを心より感謝申し上げます。また、毎年最高の舞台を提供して頂きます武蔵丘ゴルフコース、開催主旨にご賛同頂きました埼玉県、飯能市、保健所の皆様、開催の準備に向けご尽力を頂きました全ての大会関係者の皆様に心より感謝と御礼を申し上げます。

今年は、新型コロナウイルスの脅威に直面し、国内外のトーナメントの中止や延期が相次ぐなど、ゴルフ界にも暗いニュースが続いていました。しかしながら、この困難な状況を乗り越えるべく、ゴルフというスポーツを通じて、少しでも明るいニュースを届けたいという想いが募っていました。スポーツが持つ無限の可能性、勇気や感動、そして観ている人たちに笑顔や夢や希望を与える、それがスポーツの素晴らしさです。

私自身もゴルフというスポーツに出会い、一人の人間として成長させてくれたのはもちろんのこと、努力の大切さを学び、素晴らしい感動と深い喜びを知ることが出来ました。プロゴルファーという私にとっては天職とも言える仕事を続けることが出来たのも、これまでのゴルフ人生の中で様々な方達と出会い、ゴルフというスポーツを愛する人々の多くのご支援が、力強く私を支えて下さったからだと今改めて感じています。私の大きな使命は、本大会を通じて、ゴルフというスポーツの素晴らしさ・魅力を訴え続けていくこと、それが私を成長させてくれたゴルフ界に恩返しをすることだと思っています。

プロゴルファーたちが最高の舞台で魅せる真剣勝負は、観ている人に勇気や感動を与え、日本中が元気になっていく、そんなトーナメントにしたいと考えています。

ファンの皆様、今年はコースで観戦することが出来ませんが、テレビを通じて熱い声援をよろしくお願い申し上げます。選手たちの華やかな競演がファンの皆様を魅了することと確信しております。そして、出場選手の皆様方には今まで以上の真剣勝負を繰り広げてくれることを期待しています。

杉山武史

樋口久子 三菱電機レディス2020
大会名誉顧問
三菱電機株式会社 執行役社長

杉山武史

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々とご親族、関係者の皆様に深く哀悼の意を表します。

また、医療従事者をはじめとする、感染拡大防止に尽力されている皆様に心より感謝と敬意を表します。

さて、本年で5回目を迎える「樋口久子 三菱電機レディス」の大会開催にあたり、主催者および一般社団法人日本女子プロゴルフ協会とともに慎重に検討を重ねてまいりましたが、ギャラリー、選手、大会関係者の皆様の健康と安全確保を第一に考慮した結果、本年は無観客試合として開催することとなりました。会場での観戦を楽しみにされていた皆様におかれましては、何卒ご理解・ご了承を賜りたくお願い申し上げます。

本大会の開催にあたり、三菱電機グループとして、高性能フィルターを搭載した空気清浄機の設置や、非接触検温装置と光のアニメーションを床面に投影する「てらすガイド」を組み合わせた検温システムを入口に設ける等により、安全な大会運営をサポートいたします。また、本トーナメント開催にあたり毎年ご協力いただいております埼玉県飯能市へ、感染症予防対策支援としてフェイスガードと空気清浄機を贈呈させていただきました。

当社は、バスケットボールやテニスなど複数のスポーツチームへの支援や、世界の舞台で活躍するトップアスリートの採用などを通じて、各種スポーツの普及とスポーツを通じた社会貢献活動に継続して取り組んでまいりました。しかしながら、本年は同感染症の影響により、世界各国で数多くのスポーツイベントの中止や無観客開催が相次いでいます。斯様な状況下ではありますが、今後もスポーツの力で社会に活力や希望を届けられるよう努めてまいります。

最後に、本大会に出場される選手の皆様のご活躍を祈念するとともに、本大会の開催に当たりご尽力を賜りました一般社団法人日本女子プロゴルフ協会様、飯能市および飯能市ゴルフ協会をはじめとする地元各団体様、またその他大会関係者各位に深く感謝申し上げます。

会場で観戦いただくことは叶いませんが、選手たちのエキサイティングで華麗な戦いを、ぜひテレビ放映を通じてお楽しみいただき、選手への熱いご声援を賜りますようお願い申し上げます。

戸張 捷

樋口久子 三菱電機レディス2020
ゼネラルプロデューサー

戸張 捷

まずは、このような状況下でも、本大会を例年通りにスポンサードしていただける主催のADKマーケティング・ソリューションズ、特別協賛の三菱電機に最大の敬意と感謝の意を表します。

無観客、プロアマ戦の中止、取材メディアの制限等々を考えると、この「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」を通して主催者グループが発信できる情報の量は限られたものになるでしょう。

それにもかかわらず、大会を開催していただけることは、選手はもちろん、ファンや関係者にとっても大きな喜びです。

「ツアー」は本来、トーナメントが連続し、毎年継続して行われるもの。ブランク(空白週)はツアーの価値を下げ、ファンの期待を削ぐことになります。

その点から今回、主催者グループが大会を敢行されることには大きな意義があります。

さて、今年の大会ですが、9月までは例年に比べ降雨量が少なく、(10月も安定した天候が続けば)グリーンはいつも以上に硬く、そして速くなるでしょう。

一方で、このところの女子プロプレーヤーは大会初出場の渋野日向子をはじめ、小祝さくら、原英莉花、スケールの大きなルーキーの笹生優花など、バックスピンでピンに寄せるアプローチを駆使するプレーヤーが増えてきました。

彼女たち、スピンコントロークが巧みな選手たちが武蔵丘ゴルフコースのグリーンをどのように攻略するのか。

TV観戦のファンの皆さんは、ホールロケーション(ピンポジション)にこめた狙いを考えながら観戦すると、ゲームをより楽しめることでしょう。

今シーズンは開幕が大幅に遅れ、長いオフが続きましたが、その間に逞しさを増した選手が多く見られます。また、無観客という状況下、目先の結果ではなく、何か自分が目指すゴルフを追求しているような選手の姿も見られます。

女子プロゴルフ界は大きな時代に変わり目にあるのかも知れません。

今大会がそうした新しいトレンドが感じられるトーナメントになればと考えております。